レギュラーコーヒーはインスタントに対しての言葉で挽いた豆で淹れるコーヒーを指しています。

インスタントコーヒーと区別するための用語で、インスタント以外のコーヒーすべてを指しています。カプセルやドリップもレギュラーコーヒーです。

コーヒー器具が必要で、豆も保存しておかなくてはなりませんから手間や時間がかかりますが、味と香りは本格的です。原料100パーセントの豆のことをレギュラーコーヒーといい、豆の種類ではありませんので注意が必要です。

レギュラーコーヒーは和製英語ですが、カフェオレやカプチーノとの区別で利用されたり、デカフェ以外のものを指していることもあり、その時々でニュアンスが変わります。一般的には焙煎した豆で淹れたコーヒーという意味で使われています。

主に豆、粉、ドリップパックの3種類に分類されます。豆を購入してきて自分で使う分だけミルを挽く方法、お店で挽いて粉にしてもらう方法、個包装されているパックで飲むときにお湯を入れるだけの方法です。

保存がきく、値段、手間、風味や味といった好みで使い分けることができます。レギュラーコーヒーは抽出方法は問わず豆から挽いたコーヒーの淹れ方で、ドリップコーヒーはフィルターを使ってろ過する抽出方法のことを指します。

ペーパードリップ、フレンチプレス、加圧といった方法があります。カプセルで淹れる方法もドリップに含まれます。レギュラーとドリップは似ていますが、レギュラーのほうが範囲が広いということがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です