コーヒーが好きな人はもちろん、そうでもない人もご家庭や街を歩くと喫茶店やカフェから香るコーヒーの匂いに癒された経験をお持ちではないでしょうか。

もはや世界中で愛される飲み物です。 最近よく園芸店や雑貨屋でコーヒーの木を販売しているのを目にします。

日本の環境ではもちろん観賞用で育てる目的で実がなって飲用するまでには少し難しいのですが、そのコーヒーは、主に 南米やアフリカ、東南アジア等暖かい気候の中で育ちます。

実をローストした物が輸入され私たちの家庭に届くのですが、店頭でインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーが販売されてそれを選んで購入しています。

では、その二つの製法の違いについて少しご紹介します。 コーヒーはもともとコーヒーの実で中の種を取り出して輸入されます。形状がサクランボのようなのでコーヒーチェリーと言われているようです。それを焙煎し、粉末状にした物をドリップしたのが私たちのよく知っているレギュラーコーヒーです。

インスタントコーヒーは、レギュラーコーヒーと一緒で焙煎し、粉末にした物を抽出し、それを特殊な製法で乾燥させた物を言います。

購入する時に形状が違う物を目にした事があるかもしれませんが、スプレードライ方式とフリーズドライ方式の違いです。 好みや用途によって淹れ方は様々ですが、私たちの生活の中にとても馴染んでいます。朝の目覚めの一杯、仕事中の癒しのひと時、仕事が終わった後のご褒美に、コーヒーはたくさん癒しを与えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です