以前に比べると、味や風味が一般的なコーヒーに近くなったとは言え、デカフェの種類によっては味や風味が一般的なコーヒーに比べて劣ると感じている人もいるようです。

そこで、そのような場合には、アレンジして楽しむことをおすすめします。

デカフェのアレンジ方法としては、牛乳や豆乳を加えてカフェオレにするという方法もありますが、それ以外にも、コーヒーゼリーにして楽しむという方法もあります。

コーヒーゼリーの作り方は非常に簡単で、コーヒーと寒天もしくはゼラチンを混ぜ、火にかけ、粗熱を取り冷蔵庫で冷やすだけです。

好みに合わせて、甘みを加えても良いでしょう。デカフェの風味不足を解消する方法として、ココアを加えるという方法もあります。

ココアは加糖でも無糖でも構いませんが、コーヒーに好みの量のココアを加えるだけで簡単に作ることが出来ます。

コーヒーだけでは味わうことが出来ない濃厚な味わいを楽しむことが出来ます。無糖のココアを使用する場合には、好みに応じて甘味料を加えても良いでしょう。

また、牛乳や豆乳などを加えることにより、満足感を得ることが出来ます。アイスコーヒーを楽しみたいという場合、氷を入れると時間の経過とともに氷が溶けることでコーヒーが薄まってしまいます。

そこで、あらかじめコーヒーを冷凍させておき、それをコーヒーに加えることで、最後までコーヒーが薄まること無く混むことが出来ます。また、凍らせたコーヒーを牛乳などに加えても簡単にカフェオレを作ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です