コーヒーは、嗜好品に属するためあってもなくても良いようなイメージがあるかもしれません。チョコレートやクッキーなどのお菓子と同じです。食べなくても、生命の維持に支障はないが、おいしいので人気があるという位置づけのようです。しかし最近のいくつかの調査と研究により、コーヒーが健康にかなりプラスの影響を与えていることが明らかになりました。

特にドリップコーヒーが効果的であることがわかってきました。例えば糖尿病や心臓病の予防に効果的であり、全く飲まない人と比べて寿命も長いことをデーターは示しています。一日に三杯から四杯程度が適量です。ドリップコーヒーが良い理由は、フィルターを使って淹れることが関係しています。フィルターで粉を濾すことで、コレステロール値が上がることを防ぎます。つまり余分な成分を取り除くため、栄養だけを取り入れることができるという意味です。コーヒーの淹れ方の中には、粉をティーポットに入れて飲む方法もあります。

健康面を考えるとあまり、理想的ではないでしょう。栄養面以外にも、コーヒーの香りがリラックス効果があることは古くからわかっています。インスタントコーヒーは、おいしいものもありますが、ほとんど香がありません。缶コーヒーも同じです。ドリップコーヒーが最も香りを楽しむことができます。お湯を注いで、コーヒーが出来上がることを香りに包まれて待つ時間は、優雅な至福の時であるにちがいありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です