日常的に飲むことが多いコーヒーですが、豆を挽いて粉から淹れたコーヒーの味は格別です。

粉から淹れる方法はいくつかありますが最も簡単な方法がドリップ式で、淹れ方次第で大きく味が変わるのが特徴です。

粉を入れてお湯を少しずつ注いでいき、抽出予定量のラインまで溜まったらドリッパーを外して終了、と簡単な手順ですが、この中においしく淹れるポイントが幾つかあります。

ドリップコーヒーを淹れるポイントの最初はお湯の温度です。沸かしたてのお湯を使用しますが、沸騰したままの状態で淹れるのでは無く、沸騰したら火を止めて1~2分待ってから淹れるようにします。

沸騰したまま注ぐと苦みが強くなり、少しおいてから淹れると甘味とコクを引き立てることができます。

次のポイントはお湯を注ぐときに、サーバーに溜まらないように中央から点滴のようにお湯を垂らし、コーヒーエキスを出しやすくするために蒸らすことが大切です。豆(粉)を蒸らすことでエキスを出しやすくして、出たエキスをお湯で落す、という非常に単純なことがドリップコーヒーをおいしく淹れるコツです。

30秒くらい蒸らしたら中心から外に向かって「の」の文字を描くようにゆっくりと少しずつ注ぎます。

この作業を繰り返して抽出予定量の半分くらいまで溜まったら、徐々に注ぐ量を多くして雑味が出てくる前に抽出量まで一気に溜めて、ドリッパーをサーバーから外します。

最後の1滴までサーバーに貯めないように気を付けましょう。これがおいしいドリップコーヒーの淹れ方です。

コーヒーは蒸らした後の最初の1滴が一番おいしく、後になればなるほど雑味が増えてきます。後半のスピードがコーヒーの味を決める重要なポイントなので是非覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です