カプセルコーヒーは扱いも簡単で、誰でも美味しい1杯を淹れることが出来る便利なアイテムです。

オフィスでは急な来客や、リラックスタイムに気軽に使うことが出来ます。急な来客でお湯を沸かす時間がない場合や、忙しい仕事の合間のリラックスタイムに便利なカプセルコーヒーですが、最近では飲食店での導入も進んでいます。レストランで出て来るコーヒーというと、コーヒー専門店やカフェとは異なりますのでコーヒーの種類が限られたものでした。

ホットコーヒーかアイスコーヒーを選ぶことぐらいしか出来ないものでしたが、カプセルコーヒーを導入すればお客様の選択肢を大きく広げることが出来ます。また、初期投資としても大型のエスプレッソマシーンなどを導入する必要もなく、コンパクトなコーヒーマシーンの導入だけですので、厨房の場所を大きく取ることもありません。加えて、いつでも手軽に挽きたてのコーヒーを味わうことが出来ますので、グルメなお客様には是非美味しいコーヒーを提供したい飲食店には向いています。

コーヒーはドリップの場合淹れる方の技量によって味にばらつきが出てしまいます。特にアルバイトの場合美味しいコーヒーが淹れられるようになる前に辞めてしまったりと人の入れ替わりも激しいものです。しかし、カプセルコーヒーであればスイッチひとつで味のばらつきもなく誰でも美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。お客様の側に立つと、味が安定しているので安心して注文することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *